目的


株を購入する目的は
元本に手を付けずに配当だけで生活できるようになることである。
老後の年金生活では2000万円必要とのことだが、
現実的にはもっと必要であろう。
今の生活状態を変えずに生活するには現状の収入を減らす事はかなりきつい。
やはり年金以外の収入が必要となる。
株による配当収入はこの場合かなり有効である。
しかし、株をするときに重要なのは、
1、方法が簡単で自分以外の家族でも管理できること
2、専門用語に悩まされないこと。
3、ロウソク足チャートなどの分析はプロに任せて楽に管理出来ること。
4、自分で株の売り買いが出来るようになること。
である。

下手に証券会社の営業マンなどに依頼して投資信託などを買おうものなら

「いい鴨」になってしまう。

普通の投資信託では、売られている運用商品を買うことになるのだが、
日本では投資信託の収益はー0.11%とマイナスである。
それに対し、アメリカでは5.20%増とプラスである。
日本の証券会社は販売手数料3.20%が欲しくて営業しているのであって
個人が儲かろうが、損しようが関係ないのである。
投資信託で損失を出している個人は「半数以上もいる」と言われており、
さすがに政府も
「これじゃいかんだろうと」
重い腰を上げ始めたくらいだ。

500万円を証券会社に預けると15万円も手数料が取られるので、
485万円の投資信託となる。
金融機関のトップは手数料収入の多寡は気にしても、
顧客が儲けられるか否かは見向きもしてこなかったのである。
これでは、詐欺である。
従って、自分で管理出来て少額から購入でき、株価の上昇が大きく見込める
アメリカ株がおすすめなのである。
安定した会社の株式を購入し、配当と言うインカムゲインで不労所得を得る。
その収入でまた株式を購入し配当金を増やしていく。
そして、十分な配当金が得られるようになったら、
持ち株を全て売って大きなキャピタルゲインを得て悠々自適な生活をする。
これが、目的である。
しかし、大きな株式を購入するためにはそれなりの余裕資金も必要となるので、
しっかり働くことが重要なのは言うまでもない。夢は努力しだいなのだ。

頑張れよ!





Copyright © 株購入日記 All Rights Reserved.